文章力を向上するためには

文章力を向上するためには

2020年9月1日 0 投稿者: MOGURA

こんにちは!モグラです!

皆さん、文章を書く上で悩んだことはありませんか??

仕事の取引や上司との業務連絡、プレゼン、ブログ、手紙、友人との会話など

日々の生活でも常に文章と触れ合っています。


どうしたら相手に自分の意見がしっかり伝わるのか。

文章力を向上するためにはどういった事を心がけるといいのか。 など


分かりやすく、簡単に説明しているので是非ご覧になって下さい!

文章力とは

文章力とは、読み手にとって分かりやすい言葉で表現できる能力です。

文章を書く上で、最も重要ポイントになるのは、相手をイメージすることです。

忙しい相手に対し、雑で理解できない長い文章は相手にストレスを与えてしまいます。

相手をイメージして思いやりのある文章を書くように心がけましょう!


また、理解してもらいやすいように相手に沿った言葉を選ぶように

心掛け、あまり難しい言葉を使わないようにしましょう。

5W1Hを活用しよう!

5W1Hとは、

who(だれが)・when(いつ)・where(どこで)・what(なにを)・why(なぜ)・how(どのように)

というものです。


この5W1Hを用いることで目的が明確化されます。

まずは、文章を書くまえに自分の中でしっかりと整理し、理解する必要があります。

最初は、メモ書きから始めるようにしましょう!

伝えたい情報を絞る

伝えたい情報を絞るというのは、簡潔に分かりやすく短くということです。

必要以上に長い文章や無駄が多い文章は、読む時間と理解する時間がかかります。

また、忙しい相手の時間を奪うことになりとても迷惑です。

ここでは、どこまで文章を削ることができるか。に意識するようにしましょう!


最初は、一度文を作って読み直し削れるところはないか探すようにしましょう!

構成を考える

構成を考える上で、PREP法を活用しましょう!

このPREP法は、Point(結論)・Reason(理由)・Example(事例・具体例)・Point(結論)

というものです。

P :結論を伝えて文章の要点を伝える。

R : 結論の理由を説明する。

E :理由を裏付ける事例・具体例を用いてより詳しく説明する。

P :理由・事例・具体例を踏まえて最後にもう一度結論を伝える。

このように、PREP法を活用した文章構成を行うことで簡潔で説得力のある文章が作成できます。

見直しチェック

最後に完成した文章を必ず見直す癖をつけましょう。

見直すポイントとしては、

・誤字脱字がないか。

・失礼な言葉を使っていないか。


・伝えたい事を明確に伝えることができているか。

この3つを重視するように見直しましょう。

ここでは、音読をお勧めします。

音読をすることによって、誤字・脱字に気づきやすく

すんなり読めない箇所を見つけることができるからです!

この、すんなり読めない箇所は文章の手直しが必要になることが多いです。

まとめ

文章は、生きていく中で避けては通ることができません。

こうした文章に工夫をすることで、他人と差をつけることができ

ビジネスや信頼関係、コミュニケーション能力UPにも繋がります!

少しずつ文章力を磨く事を意識して取り組みましょう!!