相手に伝えるにはどう話す?

相手に伝えるにはどう話す?

2020年5月31日 0 投稿者: MOGURA

こんにちは!モグラです!
普段の話す時、相手に伝えたいことを伝えることができていますか?
生活においてもビシネスにおいても話し方とても重要なんです!

あなたは普段どんな話し方をしていますか?

どのように話をすれば よりわかりやすく伝えることができるか。

それは、「受け身の立場になって考えること」です!

自分だったら、こんな風に話をされたらわかりやすいな!と言うイメージが重要です!

そこで重要なポイントをいくつかいさせていただます!

先に結論から伝える

前置きが長く結論に至るまでに聞く耳を持たなくなります。

「〇〇です。と言うのは・・・説明・・・」と先に結論を伝えることで、

聞き取りやすく、説明が耳にはいりやすいです。

できるかぎり短く

長々と話を続けても人は疲れて聞く気になりません。

情報はできるかぎりまとめて話しましょう。

難しい言葉を使わない

業界用語ならまだわかりますが、

賢く見られたいと思う人ほど難しい言葉を使いがちです。

相手のことを考慮しながら簡潔に話ししょう。

5W1Hを意識させながら話す

when/いつ、 where/どこで、who/だれが、 what/なにを、why/なぜ、how/どのよに

この5W1Hを相手に意識させることで、頭でイメージしやすいです。

頭でイメージすることによって忘れにくくなります。

ハキハキとゆっくり話す

モゴモゴと話すようにしても相手には伝わりません。

また早口のように話を進めても相手の頭が追いつかず理解できません。

ハキハキとゆっくり話を進めて、相手が理解できているか様子を観察しながら話しましょう。

・アイコンタクトをとる

目線を外しながら話すと、受け身側も聞く耳を持ちません。

相手の目を見て話しましょう。

・例え話を使う

難しい話をする場合、相手にわかりやすく伝わるように

例え話をしましょう。

どうでしたか?

これらを意識することで、相手によりわかりやすく正確に伝わります。

あなたの周りの話が伝わりやすいと感じている人と当てはまっていると思います!

話がなかなか上手く伝わらないと思う人は是非実践してみてください!

最初は、意識していてもなかなか上手いようには話すことはできません。

それを意識し続けることでその話し方が自分のものとなります。

自分のためにも相手のためにも頑張りましょう!