1日のタイムマネジメント

1日のタイムマネジメント

2020年6月25日 0 投稿者: MOGURA

こんにちは!モグラです!

前回、「孤独と孤高」について記事にさせていただきました!

まだご覧になられていない方は下記のリンクからご覧になられて下さい!

時間とは何よりも貴重なものでありお金では買えないものです。

時間=人生といっても過言ではありません!

皆さん、毎日生活をする中で時間が足りないなんて思ったりしてませんか?

社会人の方は特に仕事とプライベートを充実させたい!と思っている方が多いと思います。

しかし、それらの悩みの大半はタイムマネジメントによって補うことができます!

ということで、今日はタイムマネジメントについて書いていきたいと思います!

毎日の朝起きて寝るまでの1日の生活ルーティンを頭で想像しながら記事を読んでいただけると幸いです!

時間は決まっている

classic blue alarm clock morning time

第一に理解するべき事は、地球上全ての人の1日は24時間と決まっているという事です。

当たり前だと思うかもしれませんが、みんな24時間という1日の中で時間に

余裕がある人とそうでない人はっきり分かれています!

しかし、なぜそんな差が生まれるのでしょうか?

一般的な社会人で例えると、労働時間に8時間、睡眠に6時間、計14時間にという計算になります。

そう考えると、24時間−14時間=10時間

で自由に使える時間は10時間となります。

この10時間の間に何をしているかが重要になります!

時間の使い方

先ほど、一般的な社会人で例えた自由に使える10時間の間にないをしているかが重要だと言いました。

もちろんこの10時間の中に家事や通勤時間、その他もろもろ含まれます。

その中で短縮できる時間や無駄な時間はありませんか?

時間が足りない。仕事とプライベートの充実をしたい。という方に

このような短縮できる時間や無駄な時間が多い傾向にあります。

では、短縮できる時間や無駄な時間には何があるのでしょうか?

短縮できる時間

例えば、短縮できる時間では通勤時間だったり、

ビジネスでいうと誰でもできる業務を人に任せたりと、考えるとたくさんあります。

そうすることで自由に使える使える時間が増えます!

この短縮できる時間にはお金が発生することが多いですが一番初めにいった通り

時間はお金よりも貴重なので惜しむことなく使いましょう。

無駄な時間

例えば、考える時間や探し物をする時間、意味もなくダラダラとスマートフォンをいじる時間など

これはみんなさんにも当てはまることが多いのではないでしょうか?

まず、考える時間についてです。

考える時間は必要ではありますが考えすぎても時間の無駄になります。

思いついたら即行動に移すことができるような軽いフットワークを保ちつつ、

考えながら行動する、考動力が必要です。

次に、探し物をする時間については常に整理整頓をしておくことで探し物をする時間が省けます。

意味もなくダラダラとスマートフォンをいじる時間については言うまでもないとと思います。

この行為によりやらなければならない事を後回しにしたり、睡眠時間が削れたりするので

必要最低限は触らないようにして、もっと有効的な事に時間を費やしましょう。

有効的な時間を身に着ける

この時間の使い方や過ごし方により長い人生に差が出ます。

有効的な時間を身に着ける方法で大切な事は日頃の意識です。

そして、効率性を高め考動力を鍛えると言うことにも意識をしていきましょう。

そうすることで、仕事の効率性も高まり、自己成長にもつながります。

また、心に余裕ができ人生をさらに楽しむことができます!